2020/10/04

感情こそが個性

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:個性とは?

 

今日まで「個性とは?」というテーマで書いてきた。

人はそもそも一人一人違う。

だから自然にしていれば、
それだけで人には個性がでる。

人と同じであることを
”普通”だと考える方がおかしい。

多くの人が社会にでると個性を失っていく。

それは”安心”を求めるから。

そして物事を頭で考えて決めるようになるから。

自分の感情に正直になれば
今からでも個性を取り戻すことができる。

大事なのは自分の感情。

その中でも特に大事なのは不快な感情。

不快な感情には成長のタネが隠れている。

例えば不満。

人は問題があるから不満を感じる。

その不満を取り除くには、
ちゃんと問題と向き合わなければならない。

どうにかして問題を解決しなければいけない。

ただ試行錯誤の末に問題を解決できた時、
人は以前よりも成長を遂げている。

だから何よりも自分の感情を大切にすることが大事。

自分の感情を大切にすること、
それすなわち個性を大切にすることになる・・

最後にあなたに伝えたい。

孤独になることを恐れないでほしい。

人と違うことを怖がらないでほしい。

人と違うということは、
人と違った人生が経験できるということ。

それはとても貴重な体験。

孤独を怖がるあまり、
変に人に合わせるのはやめた方がいい。

自分のありのままの感情を大切にしてほしい。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.