2021/05/12

2020年を目前にして 16

 

この記事を書いている人 - WRITER -

”自分はこういう人間だ”

それを決めるのは自分ではなく、他人。

自分が自分を良い人間だと思っていても、
人から見れば嫌な奴かもしれない。

自分が自分をクダラナイ人間だと思っていても、
ある人にとってはかけがえのない人物かもしれない。

だから自分を定義づけしても意味はない。

「僕はこういう作家だ」

自分の作風をハッキリさせたいと苦悩してきたけど、
それを決めるのはきっと読んでいる人なのだ。

僕は自分の中にあるものを出すだけ。

・作家として立ち振る舞いたい自分
・自分のことが大好きな自分
・人を救いたい自分
・作家として認められたい自分
・人にイライラする自分
・ひねくれた自分
・残虐的な自分
・人に良く見られたい自分

すべてが自分に備わっている要素であり、
その要素すべてが作家:大矢慎吾の持つ一面なのだ。

・・そう、一面。

何もかも単なる一面に過ぎない。

良い自分もいれば悪い自分もいる。

強くて精神的にタフな自分もいれば、
何かとすぐに落ち込んでしまう脆い自分もいる。

それらすべてが自分という人間。

それがリアル。

そのリアルを本に晒して
読んだ人に何かしらの価値を感じてもらう。

それが作家なのだ。

 

あと6日で2020年。

この数日間、作家としてどうあるべきか?
というテーマと向き合う自分の現状を書いてきた。

だけど自分のキャラクターをハッキリさせる必要などない、
決めるのは読んだ人なのだと気付いた。

だから2020年は自分の色んな一面を見せていきたい。

年を越すまでに気付いてよかった。

ちなみに、この数日間書いたことは
あらかじめ決めていた内容ではない。

その日、その時に考え、苦悩し、感じたことをそのまま文章にした。

だからシナリオも予定調和も一切無い。

リアルな僕の葛藤だ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.